隣の奥様と仲良くやるコツ

ここでは、引っ越し後のお隣・ご近所ママさんと仲良くやっていくためのコツをご紹介します。


引っ越し挨拶は

挨拶と共に持っていく品は「タオル」等が定番ですが、元住んでいた地域の名産などを持っていくというのも良いと思います。
ですが、気を付けていただきたいのは、「東京」からどこかへ引っ越しをする時、東京土産を持っていくのは「何か嫌味っぽい」と感じられて、「よそ者扱い」されやすくなると聞きます。その場合は当たり障りない品を持っていく方が良いでしょう。
しかし、人は適度な範囲で頼られると喜ぶものです。「これから仲良くさせていただければ幸いです」というような歩み寄る姿勢があることはハッキリ伝えましょう。
しかし挨拶の時に長話するのはマナー違反です。
「歩み寄る」のと「踏み込む」のは別だとわきまえましょう。


意外とムカつかれるポイント

お隣さんの年齢層が高ければ高いほど、「布団を干す時の叩く音がうるさい」ですとか、「掃除機のかけ方が雑でうるさい」ですとか、「ゴミの分別が雑だし、出す時間も守らない」ですとか、そういった家事にまつわるところでムカつかれることが多いようです。
「ポストの中にいつもチラシが溜まっている」とか、そんな細かいところまで見ているのかと驚くようなことも多いです。

女同士だからこそ「私はちゃんとやっていることを、ちゃんとやってくれない女」に対する苛立ちは凄まじいです。まずは自分の身の周りのことをきちんとやることが肝要です。

This entry was posted in 引っ越し. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

Comments are closed.