引っ越しのときに自分で管理するもの

引っ越しでは家の荷物を引っ越し業者に運んでもらいます。しかし、引っ越し業者の保険が適用されない荷物もあるのをご存知ですか?ただでさえバタバタして物をなくしてしまいがちな日ですが、自分でしっかり管理しなくてはいけない貴重品類をご紹介します。


<引っ越しのときは貴重品を自分で管理すること>

現金や通帳、印鑑、金券類や宝石などは引っ越し業者の保険が適用されないそうです。そのため、金庫などに入れて先に新居に運ぶか、実家などに預けておく必要があります。株券や保険証券も同じように保険適用外となっていますから気を付けましょう。当日は多すぎる荷物を持つと紛失の原因になってしまいます。印鑑や通帳、現金のみと自分で身に着けておくものを決めておきましょう。作業中はバタバタしますので両手のあく、ショルダーバッグなどに入れておくといいでしょう。


<高価なものは賠償に上限があることも>

保険の対象のものでも、賠償金額に上限があるものがあります。美術関係のインテリアや骨とう品など、価値が非常に高い場合は、破損などがあっても上限金額までしか保証が行われません。またこのようなものは壊れてしまったら同じものが二度とないですから、専門の業者などを別途で探して運んでもらうほうが安心かもしれません。

This entry was posted in 引っ越し. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

Comments are closed.