住みやすい部屋を探そう

引っ越しをする時に誰しもが思う事は、住みやすい部屋に住みたいということ。ですが、実際、住みやすい部屋ってどのような部屋なのでしょうか。


引越し先の日当たりはマストで確認するべき

住みやすい部屋の一つの理由として、日当たりがあります。人間はしっかりと太陽の光を浴び、しっかりと睡眠をとらなくてはなりません。その為には、部屋に太陽の光がきちんと入らなければなりません。そうなれば、絶対に方角は南向きです。できればすべての部屋が南向きだといいのですが、なかなかそのような部屋はありません。そんな時は、少なくてもリビングとバルコニーだけは南向きの物件をおさえましょう。人間的な健康生活を送るためには必ずおさえておきたい点です。


部屋は孤立させるべき

一軒家には関係の無い話ですが、マンションに引っ越しをする場合、リビングにすべての部屋がつながっている部屋は避けた方がいいでしょう。他の部屋に入る為には、必ずリビングを通らなくてはならない。そうなると、来客が来た際など、とても不便です。母親の来客中に、父親がうろちょろしていたら、お客様も落ち着きませんし、父親もせっかくのお休みの時間なのに心が休みません。孤立させることで、来客があっても、家族同士で合ってもプライバシーが確保され、とても良い環境づくりが出来るのです。

This entry was posted in 引っ越し. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

Comments are closed.