面倒臭い引っ越しの際のゴミ処理について

引っ越しをすると必ず出てくる使わないものや新居に持って行かないもの。それらは大きさや素材によって破棄する方法が異なりあげくの果てには業者に依頼しなければならず捨てるだけで費用が発生してしまうという厄介な存在です。

そこで今回は引っ越し時に楽をしてゴミを処分するお得な方法についてご紹介致します。


<処分よりも売るという考え方が楽で得>

引っ越しをする時に必要なものと不要なものを分けて移動させる荷物を減らし手間も減らすという方は多く、全てをそっくりそのまま持っていくという方はあまり多くいらっしゃいません。新居向けの新しい家具や家電の他にも実家から出て一人暮らしをする方に多い収納の半減によって出る不要なものも存在します。そこでいちいち捨てるためだけにお金を使っていたら引っ越し後の暮らしが貧相な物になり兼ねません。
そういう時におすすめなのが廃品回収業者か中古買い取り会社を呼び品物を売るという方法です。廃品回収業者は時折車で近所を巡っていることがありますが電話一本で呼ぶことも可能です。中古買い取りをしてくれるお店も電話で自宅まで来てくれ、その場で値段を査定して買い取ってくれるためわざわざ物を車に積んで持って行く必要もないのです。一番家に近い会社を選択してまずは問い合わせをしてみることをおすすめします。

そして引っ越しまで時間がまだあるという方であれば業者の方に頼まず自分でバザーやフリマに不用品を出すということもおすすめです。実際に自分が売りたい価格でいらない物を売ることが出来るため業者の方々に見積もってもらうより高い金額で売ることも可能になります。インターネット上で利用出来るオークションもありますがそちらは時間も手間もかかるため引っ越し先で不要品が出た場合におすすめの手段と言えます。


<引っ越しの際にゴミが出るのは当たり前>

ゴミを捨てる行為自体が面倒で手間だから全部頑張って持って行こうとうする方もいらっしゃいますがそのせいで費用が嵩む場合もあるので注意が必要です。引っ越し業者は移動区間の距離と共にどのくらいの荷物があるかによっても見積もりをします。荷物が多ければ多い程大きなトラックが必要になるため新居に持って行く荷物はなるべく少ない方がお金もかからなくて済みます。新居でまたいらない物に取り囲まれて生活をするよりは心機一転新しい環境を造り上げるためにも面倒くさがらずにゴミをどんどん捨てることが大切なのです。

バザーでも業者の方でもとにかくいらない物はただ捨てるだけでなく今後の生活資金に少しでも足しになるようお金にする方法で処理をしましょう。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

社内教育の行き届いた引っ越し業者

過去の引っ越し業者のイメージは、トラックに積み込まれた荷物を運ぶだけの運送屋さんでしたが、今では荷物の整理、梱包、積み出しから運送、送り先の住居への運び込みまでを総括的に取りあつかう近代的業務形態に変貌しています。必要とあれば不用品の回収・再利用。廃棄処分までも業務に取り組む場合もあります。業務形態が複雑になれば、それに対応できる従業員の対人力、技術力、環境対応力などの社員教育を徹底する業者も多くなり、引っ越し業者のスタッフのマナーの良さが際立ってくるようになりました。

<対人マナーの良さ>

この度転居する事になり、最近テレビ宣伝で頻繁に目にする引っ越し業者と引っ越し業務契約を結びました。作業当日はさぞ力自慢を表に出したような作業スタッフが来ることを予想していましたが、来て頂いた作業員の姿・態度にはびっくりしました。業者の企業マークを胸に、清潔な作業着に身を包んだスタッフの丁寧な挨拶と、親しみの持てる対人マナーが素晴らしく、その対応を見るだけでこの業者に引っ越し業務を依頼して良かったと思わせるほどでした。

<丁寧な仕事ぶりに好感>

引っ越し業者のプロらしい手際の良い作業、丁寧な品物のあつかい、隣近所への配慮など総合的な気配りには感心させられました。お蔭で引っ越し作業も問題なく終えることが出来、次に転居の機会があればこの業者にお願いしようと考えています。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しの方法

引っ越しが決まったら、まずどのような方法で引越しをおこなうか考えてみましょう。まず全て自分で行うという方法があります。またできるだけ自分で行い、自分ではムリなものだけ業者に依頼する方法もあります。荷物を運ぶことだけお願いしたり、梱包も配送も依頼する方法、そして全て業者に任せる方法があります。かなりの少ない荷物であれば自分で全て行うことも可能かもしれませんが、ワンルーム以上の大きさになるとかなり困難です。そのような場合には、順番に検討してみましょう。


<見積もりを建ててもらう>

引っ越し業者に何社か依頼し、見積もりを立ててもらいます。その時に「高い!」と感じれば「どこまで自分でやれば安くなるか」ということを教えてもらうのです。それによって自分が行う範囲を決めてゆきます。大手の引っ越し業者は様々なプランを持っていますので、最低限自分に必要なサービスが付いているプランを選んで、後は自分で頑張るという方法もあります。ただし自分で行うにしてもレンタカーを借りたり、お手伝いをしてくれて人にお礼をしたりと、お金は案外掛かるものです。よくよく検討してみましょう。依頼したほうが楽で安く付いたということもあるのです。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

自分で引っ越ししている人がいるって本当?

多くの人達がプロに任せているとは思いますが、中には自分で作業している人がいるみたいなんですよね。
その理由は、業者に頼むほどものが多くないという事や費用を少しでも抑えたいと考えているからなんだそうですが、どうなのでしょう?
確かに自分の好きな時に引っ越し作業をすることが可能なのでいいかもしれませんが、運ぶのは自分なのでその分負担も大きくなります。
また、レンタカーを借りたりしている人もいますが、免許を持っていない人はやはり業者に任せた方がいいと思いますよ。


<引っ越しは手伝った方がいい?>

まかせっきりにしているのはなんだか申し訳ない、そう思って手伝う人もいるようですが確認してからの方がいいでしょうね。
いきなり手を出されては困ってしまうかもしれないので、「お手伝いしましょうか?」とか「お手伝いさせてください」と一言確認を。
通常の引っ越しならいいかもしれませんが、家族の人数が多いとか物が多すぎるといった時は、手伝う事も大切かもしれません。
ただ、下手に手を出してしまうと向こうも困ってしまいますから、手伝いたい時は必ず声をかけて足を引っ張らないように!


<大切なものは自分で運ぶ>

中にはすごく大切にしている物もあると思うので、そういったものは自分で運ぶのがいいでしょう。
引っ越しのプロが運んでくれるから、物を壊してしまうという事は無いとは思いますが心配なものがあれば自分で運ぶのがベスト。
見積もりの時に、どんなものまで運んでもらえるのか聞いておくのもいいでしょう。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しは片付けの大きなチャンス

引っ越しでは業者の人が荷物を全部、新居に運んでくれます。このときが、使わない荷物などを全部捨てる大きなチャンスと考える人も多いのではないかと思います。特に、使わないものが思いのほか入っていることもあるものです。


<引っ越しの大掃除で運気アップ?>

よく部屋が汚いと、運気が下がるなどと聞きますよね。そこで引っ越しではできる限り身軽になって、いらないものをリサイクルショップに出す、破棄するなどして、大掃除を早めに終わらせて、心身ともに新しい場所でスタートを切ることを目指しましょう。きれいな部屋は居心地もいいですし、早く帰りたくなります。新居でも、収納スペースに入らないものは、いらないものが多いということかもしれません。必要なものを悩んだら、手放した後のことを考えましょう。手放して新しく同じものを買いたい、と思わない場合には、とくに必要ない、使わないことも多いそうです。


<新居はきれいに使う心掛けを>

引っ越し後の新居もきれいにする習慣を心がけましょう。業者によっては、一年以内の模様替えなどの特典を利用できることもあります。このような特典がある場合には、一度住んでみて、改めて使いにくい場所にある家具などの移動も無料でお願いできます。知らない人が家にあがる、というだけでも掃除のモチベーションが上がりますから、積極的に使いましょう。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しで捨てるものを悩んだら?

引っ越しでは家中の荷物を運び出し、段ボールに入れて新居に移動させます。そこで悩むのが、捨てるものと運ぶものです。よく引っ越しは断捨離のいい機会などといいますが、いざ捨てるとなるとちょっと惜しくなってしまったり、まだ使うかもしれないと荷物を増やしてしまったりしますよね。


引っ越しで悩んだら、最後に使った時期を思い出そう

まず、1年使っていないものは基本的に、もう使わないと思いましょう、などと片付けでは言います。そこで、まずは悩んだら最後に使った時期を思い出しましょう。思い出せないほど前であれば、使わない可能性が非常に高いです。また、何に使うのか、を考えましょう。何に使うか定かではないものって、案外多いのです。いつか使うかも、それは引っ越しで荷物が増え、部屋にものが貯まる呪文です。目的がはっきりしないもの、いつ使ったのかもわからないものは、ごみと思いましょう。


理想のあなたはそれを持ってますか?

掃除の魔法の言葉だそうです。あなたが理想とする、あなたがなりたい自分が、今悩んでいるものを持っていると思いますか?引っ越しで荷物整理に悩んだら、これを思い出してみましょう。引っ越し前はバタバタしますから、荷解きのときに新居で捨てるものを考えてもいいでしょう。業者によっては不用品をリサイクルで引き取ってくれるところもあります。

☆PR☆
引っ越し業者を検索するなら⇒http://www.hikkoshi-search.biz/

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しのときに自分で管理するもの

引っ越しでは家の荷物を引っ越し業者に運んでもらいます。しかし、引っ越し業者の保険が適用されない荷物もあるのをご存知ですか?ただでさえバタバタして物をなくしてしまいがちな日ですが、自分でしっかり管理しなくてはいけない貴重品類をご紹介します。


<引っ越しのときは貴重品を自分で管理すること>

現金や通帳、印鑑、金券類や宝石などは引っ越し業者の保険が適用されないそうです。そのため、金庫などに入れて先に新居に運ぶか、実家などに預けておく必要があります。株券や保険証券も同じように保険適用外となっていますから気を付けましょう。当日は多すぎる荷物を持つと紛失の原因になってしまいます。印鑑や通帳、現金のみと自分で身に着けておくものを決めておきましょう。作業中はバタバタしますので両手のあく、ショルダーバッグなどに入れておくといいでしょう。


<高価なものは賠償に上限があることも>

保険の対象のものでも、賠償金額に上限があるものがあります。美術関係のインテリアや骨とう品など、価値が非常に高い場合は、破損などがあっても上限金額までしか保証が行われません。またこのようなものは壊れてしまったら同じものが二度とないですから、専門の業者などを別途で探して運んでもらうほうが安心かもしれません。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

住みやすい部屋を探そう

引っ越しをする時に誰しもが思う事は、住みやすい部屋に住みたいということ。ですが、実際、住みやすい部屋ってどのような部屋なのでしょうか。


引越し先の日当たりはマストで確認するべき

住みやすい部屋の一つの理由として、日当たりがあります。人間はしっかりと太陽の光を浴び、しっかりと睡眠をとらなくてはなりません。その為には、部屋に太陽の光がきちんと入らなければなりません。そうなれば、絶対に方角は南向きです。できればすべての部屋が南向きだといいのですが、なかなかそのような部屋はありません。そんな時は、少なくてもリビングとバルコニーだけは南向きの物件をおさえましょう。人間的な健康生活を送るためには必ずおさえておきたい点です。


部屋は孤立させるべき

一軒家には関係の無い話ですが、マンションに引っ越しをする場合、リビングにすべての部屋がつながっている部屋は避けた方がいいでしょう。他の部屋に入る為には、必ずリビングを通らなくてはならない。そうなると、来客が来た際など、とても不便です。母親の来客中に、父親がうろちょろしていたら、お客様も落ち着きませんし、父親もせっかくのお休みの時間なのに心が休みません。孤立させることで、来客があっても、家族同士で合ってもプライバシーが確保され、とても良い環境づくりが出来るのです。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

隣の奥様と仲良くやるコツ

ここでは、引っ越し後のお隣・ご近所ママさんと仲良くやっていくためのコツをご紹介します。


引っ越し挨拶は

挨拶と共に持っていく品は「タオル」等が定番ですが、元住んでいた地域の名産などを持っていくというのも良いと思います。
ですが、気を付けていただきたいのは、「東京」からどこかへ引っ越しをする時、東京土産を持っていくのは「何か嫌味っぽい」と感じられて、「よそ者扱い」されやすくなると聞きます。その場合は当たり障りない品を持っていく方が良いでしょう。
しかし、人は適度な範囲で頼られると喜ぶものです。「これから仲良くさせていただければ幸いです」というような歩み寄る姿勢があることはハッキリ伝えましょう。
しかし挨拶の時に長話するのはマナー違反です。
「歩み寄る」のと「踏み込む」のは別だとわきまえましょう。


意外とムカつかれるポイント

お隣さんの年齢層が高ければ高いほど、「布団を干す時の叩く音がうるさい」ですとか、「掃除機のかけ方が雑でうるさい」ですとか、「ゴミの分別が雑だし、出す時間も守らない」ですとか、そういった家事にまつわるところでムカつかれることが多いようです。
「ポストの中にいつもチラシが溜まっている」とか、そんな細かいところまで見ているのかと驚くようなことも多いです。

女同士だからこそ「私はちゃんとやっていることを、ちゃんとやってくれない女」に対する苛立ちは凄まじいです。まずは自分の身の周りのことをきちんとやることが肝要です。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しで当日持っておきたいもの

引っ越しではほとんどの荷物を業者に預けて運んでもらうことになります。自分が持っていくものは距離に関係なく、極力減らしたいものです。しかし持っていないと困ってしまうものも多くあるのも事実です。最低限、自分で持っておきたいもの、気を付けたいことをご紹介します。


貴重品管理をしっかりと

引っ越し当日に最も気を使いたいことです。財布や身分証など、自分で管理、もっていかなければいけないものになります。荷物をバタバタと出しているうちにどこかに置き忘れてしまうことなどのないよう、ハンドバックではなくて、肩からさげられるようなものを選ぶといいでしょう。また印鑑など紛失すると困るものも一緒に持っておく必要があります。なくなることで大きなトラブルになるものは自分で管理することをおすすめします。


ビニル袋などを持っておこう

新居についてから利用する可能性のあるものは、できれば梱包しないことをお勧めします。荷物だらけになることから、自分でいれた段ボールがわかっていても、それを見つけ出せない可能性があるからです。捨ててもいい雑巾、ごみ袋の代用ができるていどのビニル袋などを持っていくといいでしょう。またティッシュペーパーなどの消耗品は新居の近くや移動中に購入することで、前の家を出る際に荷物を減らすことができます。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

単身で引っ越しするときの相場は?

進学や就職、転勤などで、単身で引っ越しをする場合の料金の相場について調べてみました。荷物の量や、距離によって値段が変わりますが、大体の目安として参考にしてみてください。


単身で引っ越しは自力でもいける?

近場に引っ越しをするとき、あまり荷物もないし友達に手伝ってもらえばいいや、なんて考えをしていると、大変な目にあいます。そういった場合、トラックなどを用意して荷物を運ぶのでしょうが、自分が思っている以上に、荷物って多いんです。しかも、総重量で考えると、かなりの重さになるのでとても大変です。これが、引っ越し業者のアルバイトの時給が高い理由なのです。そして、レンタカー代、友達への謝礼などを考えると、結局3万円~5万円程はかかってしまいます。


業者の相場は3~6万円

その金額を支払うのなら、業者にお願いをしたほうが断然いいといえるでしょう。単身で近距離への引っ越しならば、プランにもよりますが、およそ3~6万円の料金で依頼することが出来ます。この場合、2トントラックと作業員が2人が見積もりとして数えられていることが基本なので、一人暮らし程度の荷物ならほとんど大丈夫でしょう。搬出から搬入まで、プロの人がやってくれるので、素早く済んでもしもの時にも安心です。

Posted in 引っ越し | Leave a comment

引っ越しは時間をかけてするべき

引っ越しは、絶対に時間をかけてするべきです。何故かというと、引っ越してから失敗したなんてことはあってはならないからです。では、何に時間をかけてするべきなのでしょうか。


まずは、引っ越ししたい場所へ足を運ぶこと

「あそこに住みたい」という憧れの場所って誰にでもあるものです。ですが、実際行ってみると肌に合わなかったなんてこともあります。また、住んでみたいと思っていたけれど、実際住んでみると、繁華街過ぎてうるさかった。どちらかというと遊びに来るべき所だったなど、失敗はつきものなのです。ですので、実際に足を運び、昼間の街、夜の街、共に見てみるといいでしょう。本当に居住地として最適な場所かどうかがわかります。どのようなところがいいかは、女性が男性か、単身か既婚か、子供がいるかいないかでだいぶ変わってきますから、自分の生活に合った街を見てから選ぶようにしましょう。


転勤などの急な場合

とりあえずマンスリーマンション等でその場にいき、ゆっくりちゃんとした物件を探すことをお勧めします。見てもいないのに急いでいるからと言って物件を決めてしまうのは危険です。とりあえずの寝床を確保し、生活をしてみるといいでしょう。

Posted in 引っ越し | Leave a comment